BLOG

CATEGORY :レッスンについて

【歌声と意識の変化】~Wednesday~

マネージャー坂野です!

今回は水曜日にお通いいただいている方の【歌声と意識の変化】についてです。

水曜日は全員マンツーマンレッスンの日です。お休みや習い始めてまだ日が浅い方は省きます(^^)。

【Hさん】

・“高音低音が出せない”、“自分の歌のジャンルは〇〇”、“英語の歌はなんとなく好きになれない”、などの固定観念・限界に、レッスンで基本の大切さ、挑戦すること、可能性の引き出しを増やすことを教わり、越えた時に喜びを感じる。

・歌うために必要な体づくりが出来てきた。

・自分の長所(持ち味)を見つける事ができた。

・予習復習の大切さを知った。

・夢中になれるもの、元気の源となるもの、生きがいを感じる。

【Sさん】

・まだわからない。思いっきり歌う機会がないから確かめることが出来ていない。

【Aさん】

・高い声が出るようになった。そのため、歌えなかった歌がうたえるようになった。

・曲の聴き方が変わった。

【Kさん】

・歌声が変わった。

・歌うとすぐ喉が疲れていたが、疲れなくなった。

・カラオケで、“ノリ”で適当に歌っていたのが、ちゃんと考えて歌うようになった。

・自分の声が共鳴していると感じる瞬間があってその時がなんとも言えず気持ちがいい。

【Rさん】

・まだわからない。

【Rさん】

・高い声が出やすくなった。

【Aさん】

・声帯のしくみなどを教えてくれるので、理解して声を出すと、以前よりも出したい歌声でうたえるようになっている。

【Yさん】

・習う前より上手くなったと思うし、周りからも言われる。

・歌手の声の出し方がわかるようになってきた。

などです。市岡先生がレッスン時に聞きながら書き留めているので、箇条書きにより、ニュアンスが違う場合があるかと思いますがその辺はお許しくださいネ(^^)。

次回は木曜日、Thursdayの皆さんを!☆

Oneボーカルスクールが【課題曲】を用いる理由

こんにちは。代表兼講師の市岡です。

Oneボーカルスクールが何故【課題曲】を用いるのか?

これもみんなの上達のために大切なことです。是非理解してください。

『Oneボーカルスクールが【課題曲】を用いる理由』

①ボイトレとリンクさせてあるのですぐに曲へ応用できる。

②【課題曲】ごとに習得テーマがあり、それを積み上げることにより上達へとつながる。

③好きな曲の持参については、こちらで組み立てているカリキュラムから外れてしまい、ボイトレとリンクしづらくスムーズな上達につながりにくい。(例:柔らかな発声をボイトレ中→ロック的な強い発声の曲を持参)

④好きな曲については、現在の自分のレベルとかけ離れている場合が多々ある。

⑤洋楽を多く選曲しているのも、喉の筋肉など鍛えられる部分が多いため結果として邦楽の上達にもかなり有効である。

まとめ

【課題曲】はボイトレと同様、上達するための大切な“課題”です。そして目的は“好きな曲をより上手に歌えるようするため”です!

【歌声と意識の変化】 ~Tuesday~

マネージャー坂野です!

今回は【歌声と意識の変化】について、火曜日にお通いいただいている方に聞いてみました♪

火曜日は夕方まではマンツーマンレッスン、以降はグループレッスンとなっています。

では早速(^^)。

【Nさん】

・変化がたくさんありすぎて言葉にするのが難しい。

・歌手と素人の違いがすごくわかるようになってきた。全く質が違う。レッスンに通うようになって自分で声を出してみて初めて、「プロは日頃から相当訓練をしているんだろうな。。」と思った。やってみなければ気づかなかっただろうと思う。

・つくづく、自分ももっと早くからレッスンを受けていれば良かったと思う。

・声が出にくい時の対応の仕方がわかって、毎日ウォーミングアップとしてボイトレを行っている。

・自分は歌えないと思っていた曲が歌えるようになることが感動的。

【Nさん】

・まだ日が浅いので変化はわからない。

【Cさん】

・声自体がしっかりしてきた。音域が拡がった。(歌う場で会う方にも言われる。)

・Oneボーカルスクールでは理論的に教えてくれるので、実際の歌う現場での抽象的な表現でも理解しやすい。

・ただ歌うだけではなく、考えて歌うようになった。

【Tさん】

・普段は車の中で練習を行っている。

・前まではただ歌っていたのが教わった部分を気をつけて歌うようになった。

・テレビなども声に興味をもって視るようになった。

【Yさん】

・聴こえてくる自分の声が変わった。

【Yさん】

・歌手の歌を聴く時に“母音足し”とか“子音を立てる”など習ったことを意識して聴くようになった。

・カラオケで好きな曲を歌ったときに、以前は喉が痛くなる場合があったけどならなくなった。

【Yさん】

・高音を歌う時にいままで張り上げていたのが張り上げなくなった。

・喉の負担が少なくなった。

【Mさん】

・曲に応じて声質に気を使って歌うようになった。

・習い始めは高音を出したいというのが目的だったが、1年目を過ぎたあたりからその時の自分に合った高さで歌うほうが大事だと気づいた。

・レッスンでは自分では歌わない歌をうたうので、それがきっかけで色々聴くようになった。

【Hさん】

・まず上達したと思う。以前は高い声を出そう、出そうと思っていたけど大切なのはそういうことじゃないとわかった。元々の基本が大事だということを理解した。

【Fさん】

・裏声と地声の使い分けがわかって、これまでは裏声で歌うのは“逃げ”だと思っていたのが、上手に使っていけば良いのだと認識が変わった。

【Kさん】

・アドバンスコースから自己都合でベーシックコースへ変更。初心を忘れてはいけないな、ということを強く思う。

・ベーシックコースに戻ったことにより、一番たいせつな基本をやれるのが良い。

【Rさん】

・“裏声の4種“について理解しており、自分でも出せる。

・プロなどが歌っているのを聴いて、どういうのが“上手い”のかある程度判断出来たり、自分の歌についても見直すことで色々わかるということで、上達を実感している。

・歌についてはすごく奥が深いから、勉強したり、それを理解したりすることは楽しい。

【Kさん】

・4年程通っているが、すごく変わった。上手くなったと実感している。

・グループレッスンといっても一人ひとり歌う時間が多く、他の人の未完成から完成に向かうまでの状態が見れる(聴ける)のが良い。

・少しずつ前に進んでいる達成感が味わえている。

【Kさん】

・声が変わった。知識が増えた。

・どういう所を意識したら良いのか考えるようになった。

・先生の教え方は的確で、例えも上手いし、とにかくわかりやすい。

【歌声と意識の変化】~Monday~

マネージャー坂野です!

市岡先生から生徒の皆さんに【歌声と意識の変化】についてのアンケートを取らせてもらいましたが、共有してほしいという声をたくさん頂いたので簡単ですがここに載せたいと思います♪

読みやすいように曜日ごとに分けて載せますね!今回は月曜日、マンツーマンレッスンのみの日。お通いいただいている皆さんの【歌声と意識の変化】についての投稿です。(お休みや通い始めて間もない方は除きます)

皆さんにとっても参考になればと思います。

【Aさん】

・友だちと久しぶりにカラオケに行ったら「声量がすごいね。」と言われた。自覚はまだ無い。

・曲の聴き方に変化が生じている。先生から教わったテクニックを歌手もしていることに気づいた。

【Tさん】

・張り上げなくなった。

・息の量に意識が行くようになった。

・“感情をのせる=歌がうまい”と単純に思っていたのが変わった。

・ファから上の音は裏声ベースでいけば良いことに気づいた。その成果として声がひっくり返らなくなった。

【Hさん】

・カラオケに行ったら「声がしっかりしてきた」「語尾の処理がよくなった」と言われた。

・歌いやすくなった。高いドが限界だったが、レまで大分出るようになった。

【Kさん】

・声に芯が出てきた。

・エッジボイス、リップトリルが今まで全く出来なかったのが出来るようになってきた。

・歌に対するモチベーションが上がっている。

【Rさん】

・曲を表現する際にイメージがつきやすくなった。もともとは、【表現】という概念をもっておらず、いま思えばただ歌っていた。

・歌える曲が増えた。

【Tさん】

・変化は確実にしている。高音が出しやすくなった。無理をして高く出そうとするのを止めた。

・どんな風に歌おうかなど考えてから歌うようになった。

・普段からリップトリルやGuなどのボイトレをするようになった。

【Sさん】

・歌手の歌い方が以前より大分わかるようになった。

・歌声が大きくなった。

・高音への移行がスムーズだと自分でも思える時が増えた。

などなど。。ここで箇条書きにするのは簡単ですが、歌声の変化はそうはいきませんよね^^;

華やかな世界で歌っている歌手の方々の、目で見える以外の地道な積み重ねやスゴさは圧倒的すぎますね。脱帽です!

こうやって色々知らなかったことを知ったり自分にも身に付いてくる過程は何事にも変えられない喜びがありますよね。

皆さんで共有できるともっと喜びも増すことと思います♪

次回は火曜日に通う生徒さんが感じておられる歌声の変化について投稿しますね☆

写真は1年前のOneボーカルスクールの姿です 笑。

変化しました 笑。

Oneボーカルスクールが考える上達への3つのプロセス

こんにちは。代表兼講師の市岡です。

毎日、生徒さんの歌に対する情熱が伝わり、とても充実させてもらっています。

今日は、普段レッスンで行っていることの軸となる部分をまとめてみました。上達するために大切なことです。

『Oneボーカルスクールが考える上達への3つのプロセス』

1.【基礎】自分の声を知る(向き合う)。裏声と地声を自覚し、音色をしっかり分ける。

2.【基本】裏声と地声をそれぞれ強化する。歌における子音と母音。音程、リズム。

3.【応用】曲を歌うこと。裏声と地声の連結と強化(高音、ミックスボイス、ビブラート)。段階に応じてより高度な表現を身につける。

大切なのは、

【基礎】となる土台と意識の上に、【基本】の技術が乗り、【応用】へと活かされていくということです。

歌声の基礎や基本であるボイトレを軽視したり、

応用であるミックスボイスやビブラートから身につけようとしていませんか?

それでは仮に高音が出せたとしても、歌としては微妙、、、みたいになってしまいます。

急ぎすぎず常にこの3つのプロセスを意識した練習を行い、バランス良く広がったレーダーチャートのような本当の実力ある歌声を一緒に身につけて行きましょう!

※歌におけるレーダーチャートについてはまたの機会にお話出来たらと思います。

ソロボーカルLessonの感想

マネージャー坂野です!

4月から開講したグループレッスンでは9月、10月に『ソロボーカルLesson』が行われました。まだ行われていないクラスでもしばらくするとやってくるので気を抜かないようにしてください 笑。

歌い終えた生徒さんからの感想を載せてみようと思います!

・他の人の歌を聴けるのも良かったし、自分が人前で歌えるというのも良かった。

・好きな曲も歌ってみたい。

・先生の歌が聴けて参考になった。もっと聴きたい。

・人前だと全然声が出なかった。もっと伸び伸び歌えるようになりたい。

・弾きがたりで出たい。

・高い声を力んでしまった。今度はKey選びも大事にしたい。

・先生に取り掛かりやすいボイトレのメニューを作ってもらいたい。

・緊張の中で歌う良い経験が出来た。

・練習へのモチベーションがUPする。

・みんな上手だった。

・ほかのクラスの生徒さんの歌も聴いてみたい。

・とても為になった。

・本番的な場に立つことで、自分の歌を見つめ直す機会となった。

・いろんな人に注目して見てもらえるのも良い。

・発表の場があるとモチベーションも上がるし上達につながる。

・歌以外でも、歌う順番についてとか何を歌おうかと考えたり、全体をひっくるめて数日前から楽しめた。

・普段のレッスンより皆の歌声がしっかり聴けたので良かった。

・Keyについて今回は安全なKeyにしたが次回は自分らしい高さで歌いたい。

・他の人は顔を上げて歌っていたのに、自分はずっと下を向いて歌ってしまっていた。

・自分らしく、また楽に歌えるようになりたい。

・みんな上手だったので、自分ももっと練習をしようと思った。

・頑張ろうと思った。

・〇〇さんの歌声が胸に響いた。

・以前に比べ、声が出しやすくなってきている。スクールはすごいなと思った。

・練習の6割ぐらいしか力が出せなかったから、もっと練習が必要。場馴れが大事と思った。

・もっと音域を拡げたいと思った。

・ライブで楽器を演奏している時は、指先や姿など人に見られている意識で出演している。歌の場合も同じように大事だと、〇〇さんの歌う姿をを見ていて実感した。

・もっと余裕を持って歌いたいと思った。

・歌う順番が最後だったので、落ち着かなくて皆の歌をゆっくり聴けなかったのが残念だった。

・以前の歌声と今の歌声では全然ちがうのがわかる。

・感情や情景など表現できるように考えて歌えた。

・この企画はまたあるといいです。

・なんとか歌いきれて良かった。

・録音したのを後で聴いてみると、荒かったと感じた。

・課題曲だったのが皆の歌声の比較となって良かった。

・歌う順番決めがくじ引きだったのが公平でよかった。

・デュエットやコラボなどをやってみたい。

・(自分の歌について)リズムが走るなぁ、と思った。

・他の人の歌を聴いて良いと思うところがあり、自分にも取り入れようと思った。

・力が入ってしまった。もっと練習したら力を抜いてうたえるのでは、、と思った。

・聴いて学べた。こういう機会はいっぱい欲しい。

・同じ曲でも同じ歌というのは存在しないんだなと思った。

などなどでした♪

コロナの様子を見ながらの超少人数でのプチ発表会といった意味も含めた『ソロボーカルLesson』でしたが、生徒さん皆さんにとって確実に一歩前に進む機会となったようです。

半年が経過して、以前と比べて歌声が変化した、高い声が出るようになった、などの上達したという声がたくさん聞かれます♪

市岡先生も常に全力でレッスンに向き合い皆さんを応援しています。

目標は同じ!ともにレベルアップしていきましょう☆