BLOG

TAG :ワンボーカルスクール

いつもどおり

こんにちは!

Oneボーカルスクール マネージャー坂野です。

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言が発表され、不安や心配が絶えないですね。。。

早く落ち着くことをただただ願っています。。。

こちらは、スクール内の換気や消毒、温湿度管理を常に行い対策を十分に取りながら、会議をかさね3密を防ぐために環境を整えたり工夫しながら、現在はいつもどおりやっております。

ブログなので今日は自分の思っていることを綴りたいと思います!

決まりを守ることは当然で、その上で自分たちのできることを考え行動のみですね。

健康には、身体の健康はもちろんのこと、心の健康、社会の健康など色々あると思います。いまはウイルスのことにフォーカスされるのは仕方のないことだけど、心の健康もとても心配です。。。

ストレスの中でも、恐怖や不安によるストレスが最も強く身体にも影響を及ぼすそうです。本当にそのとおりだな。。と思います。(ちなみに逆に、思いやりの気持ちを持った時に体内でオキシトシンという免疫を高める物質が分泌されるそうですよ。)

数ヶ月に及ぶストレスでお疲れになっている様子のかたも、歌うことによってストレスが軽減されたのかスッキリしたお顔になって帰られたり、または次の課題を見つけて頑張ろうという気持ちになって帰られたり。。

そんな様子を目の当たりにして、やっぱり歌ってすばらしいなと改めて感じています。

自身の免疫力を高めるためにも歌好きな人にはやっぱり歌っててほしいです。

古来より人間と歌には密接なつながりがあり、離そうにも離すことができないもののように思います。

ところで、最近の状況で思い出す私が大好きな漫画があって、それは楳図かずおの『漂流教室』です。先に『ロング・ラブレター』というドラマ(窪塚洋介、常盤貴子が主演)を知って感動したので、原作の漫画の方も見てみた。。

という流れなんですが、

コロナウィルスによっていま起こっていることがまさしくこの漫画(ドラマ)みたいだなぁ。。。と思い出しているところです。

この作品でも色んな危機的状況に次々と陥るんですが、最終的に地球を救ったのは人間としての心持ちや知恵や勇気、そして歌声による振動。。。

みたいなラストでした。

皆さんは、どうして歌っているんでしょうか?『うまくなりたいから』もちろんあるんでしょうが、本質的な部分とも向き合ってみると意外なものが見えてきたりもするかもしれませんね!

また機会があればそんなお話も聞かせてくださいね!