BLOG

2020年10月

ソロボーカルLessonの感想

マネージャー坂野です!

4月から開講したグループレッスンでは9月、10月に『ソロボーカルLesson』が行われました。まだ行われていないクラスでもしばらくするとやってくるので気を抜かないようにしてください 笑。

歌い終えた生徒さんからの感想を載せてみようと思います!

・他の人の歌を聴けるのも良かったし、自分が人前で歌えるというのも良かった。

・好きな曲も歌ってみたい。

・先生の歌が聴けて参考になった。もっと聴きたい。

・人前だと全然声が出なかった。もっと伸び伸び歌えるようになりたい。

・弾きがたりで出たい。

・高い声を力んでしまった。今度はKey選びも大事にしたい。

・先生に取り掛かりやすいボイトレのメニューを作ってもらいたい。

・緊張の中で歌う良い経験が出来た。

・練習へのモチベーションがUPする。

・みんな上手だった。

・ほかのクラスの生徒さんの歌も聴いてみたい。

・とても為になった。

・本番的な場に立つことで、自分の歌を見つめ直す機会となった。

・いろんな人に注目して見てもらえるのも良い。

・発表の場があるとモチベーションも上がるし上達につながる。

・歌以外でも、歌う順番についてとか何を歌おうかと考えたり、全体をひっくるめて数日前から楽しめた。

・普段のレッスンより皆の歌声がしっかり聴けたので良かった。

・Keyについて今回は安全なKeyにしたが次回は自分らしい高さで歌いたい。

・他の人は顔を上げて歌っていたのに、自分はずっと下を向いて歌ってしまっていた。

・自分らしく、また楽に歌えるようになりたい。

・みんな上手だったので、自分ももっと練習をしようと思った。

・頑張ろうと思った。

・〇〇さんの歌声が胸に響いた。

・以前に比べ、声が出しやすくなってきている。スクールはすごいなと思った。

・練習の6割ぐらいしか力が出せなかったから、もっと練習が必要。場馴れが大事と思った。

・もっと音域を拡げたいと思った。

・ライブで楽器を演奏している時は、指先や姿など人に見られている意識で出演している。歌の場合も同じように大事だと、〇〇さんの歌う姿をを見ていて実感した。

・もっと余裕を持って歌いたいと思った。

・歌う順番が最後だったので、落ち着かなくて皆の歌をゆっくり聴けなかったのが残念だった。

・以前の歌声と今の歌声では全然ちがうのがわかる。

・感情や情景など表現できるように考えて歌えた。

・この企画はまたあるといいです。

・なんとか歌いきれて良かった。

・録音したのを後で聴いてみると、荒かったと感じた。

・課題曲だったのが皆の歌声の比較となって良かった。

・歌う順番決めがくじ引きだったのが公平でよかった。

・デュエットやコラボなどをやってみたい。

・(自分の歌について)リズムが走るなぁ、と思った。

・他の人の歌を聴いて良いと思うところがあり、自分にも取り入れようと思った。

・力が入ってしまった。もっと練習したら力を抜いてうたえるのでは、、と思った。

・聴いて学べた。こういう機会はいっぱい欲しい。

・同じ曲でも同じ歌というのは存在しないんだなと思った。

などなどでした♪

コロナの様子を見ながらの超少人数でのプチ発表会といった意味も含めた『ソロボーカルLesson』でしたが、生徒さん皆さんにとって確実に一歩前に進む機会となったようです。

半年が経過して、以前と比べて歌声が変化した、高い声が出るようになった、などの上達したという声がたくさん聞かれます♪

市岡先生も常に全力でレッスンに向き合い皆さんを応援しています。

目標は同じ!ともにレベルアップしていきましょう☆

生徒さんシリーズ~Oneのエース☆~

マネージャー坂野です!

市岡先生が『Oneのエース』と評している歌うまNo.1の彼女は高校3年生。

長年のボイトレ、ボーカルレッスンで鍛えられた声とたくさんのイベント出場で経験を積んだ表現力などが備わっています♪

小5から高校受験の期間以外の間ずっと市岡先生のレッスンを継続しているそうです。

レッスンを始めた動機を聞いてみました。

いろんなイベントに出演して歌っていましたがその中にめっちゃ歌うまのムーちゃん?という子がいて、聞くと市岡先生のレッスンを受けてるということだったので、それを聞いてもっと上手くなるために自分も通いたいと思った。

だそうです♪

小6から現在の高3までずっと地元のアイドルグループ『Jumpin’』に所属し活動していたそですよ♪

そのグループも今年解散することになり、最後となるはずだったライブがコロナの影響で出来なかったのがとっても悲しかったと言っていました。

先生との信頼関係もバッチリ。

レッスンは真剣そのものです。

ですが、雑談となると、、、「うける~!」

「たしかに~!」楽しい話の時は思いっきり女子高生でした 笑。

歌詞やメロディーを全力でイメージ。

日頃どんな風に自主練をしているのか聞いてみると、

「昼休みに、弁当を10分ぐらいで食べてそれから音楽室に行って市岡先生に教えてもらったボイトレをしています♪」

とのことでした。レッスンでメモをとっているのでそれを見ながら忙しい時以外はいつも練習をしているそうですよ✨

先日は学園祭で、阿部真央の『嘘つき』の弾きがたりをしたそうで動画を見せてもらいましたが、彼女の歌声に惹き寄せられて聴き入っている生徒たちや先生の姿がありました☆

「高校生ぐらいだと昼休みは友達と話したりする方が楽しかったりするんじゃない?」

との私との会話では、

「自分の性格としたら、友達と話す時はめっちゃ話しますけど、練習する時は練習なんで別です(^^)。」

との返事でした。

歌に向き合うそのひたむきさが市岡先生に『Oneのエース』と言わしめる結果につながっているんでしょうね☆

生徒さんシリーズ~ウェルネス&エンジョイ~

マネージャー坂野です!

Oneボーカルスクールには、グループレッスン、マンツーマンレッスン、講師育成コースの他にウェルネス&エンジョイ(シニア対象)というコースがあります。

健康促進を目的としたコースです。、、、といっても生徒さんが言うにはかなりガッツリなレッスン内容だそうです 笑。

先日はソロボーカルLessonも行いました!

寺尾聰の『ルビーの指環』を難しいリズムに乗って、世界観を表現されていました♪市岡先生のレッスンを受けはじめたのは2013年4月。歌うことをずっと継続されています。

「以前と違ってここに来てからのレッスンは本格的で高度だわ~。大変っ!楽しいけどね♪」と言ってました(^^)。

下の写真のご婦人はスキータ・デイヴィスの『The End Of The World(この世の果てまで)』を。大好きな曲だそうで情感たっぷりに。。途中、鳥肌が立つほどゾクゾクしました♪

「♪Why does the~ のWhyの部分の表現がとっても素晴らしいですね。」と先生からの感想でした!

3月のオープン前の先行体験レッスンを受けに来られ、即入会を決めていかれました。

「とりあえず3ヶ月は頑張ってみるわ。」と言われていたのですが、今は「1年は続けてみます!」と言ってくれています(^^)。

最近では息が長くなって話しやすくなった実感があるそうです。

ストレッチやボイトレはたっぷりめ、脳トレも加え、歌もみっちりな60分、毎回楽しくお通いいただいております。

お二人での歌声もバッチリ合うので、私はいつかユニットを組んでもらいたいなと思って勧めています 笑。

今回はやっと口説き落としての 笑、撮影オッケー。(数ヶ月かかったなぁ。。笑。)

レッスンは毎回ボイスレコーダーで録音され、ご自身の歌声をチェックされています。楽譜にもいろいろ書き込まれています。チャレンジしてる姿はイキイキしてて本当に魅力的です✨

私もそんな風でありたい!

また次回木曜15:20にお待ちしております☆

生徒さんシリーズ~カワイ子ちゃん!~

マネージャー坂野です!

Oneボーカルスクールでの最年少さんがこの数ヶ月で更新されました(^^)。

9歳のカワイ子ちゃん!小学3年生です。

受付カウンターに両手を伸ばして「こんばんは。」とまずはカードの受け渡しから一生懸命(^^)。

早速レッスンにお邪魔させてもらいましたが、さっきまでの印象とは打って変わって、、、。

物怖じせず堂々としてて、そして何よりも集中力がすごかったです!

ボイトレでは声を揺らす?回す?ことを先生から教わっていました。

指を使って実際にクルクル回してみると出来た♪

先生の出す課題への反応が早いし、歌も上手✨

ここに来るまではどこかの歌うグループ?に所属してたようですよ。(またおいおい聞いてみたいと思います♪)

課題曲は岡本真夜の『TOMORROW』。

マイクが重くて、、、よく見ると譜面台で支えてます 笑。

「この歌は1995年の歌で、、、」との先生のお話には首をかしげるシーンも 笑。古すぎるか 笑。

でも『TOMORROW』は知っていました。やはり名曲ですね。

こうやって譜面を覗き込む様子はあどけなくてカワイイですが、、、。

歌も上手ですでに聡明な感じも漂ってるので将来が楽しみですね♪

ママに前髪を切ってもらったと私に嬉しそうに報告してくれました。カワイイ(^^)。

またこれから歌についてはもちろん、学校や友達の話、楽しかったことなど、、、いろんなお話を聞きながら成長を見守らせてほしいなと思っています☆

蜘蛛の糸。

マネージャー坂野です!

Oneボーカルスクールの入り口付近の左上部に大きな蜘蛛の巣が張られ大きな蜘蛛が住んで?います(^^)。

市岡先生は日頃からスクールの周囲のチェックもよくされています。

小さい蜘蛛の巣などは生徒さんが困らないようにホウキなどで取り払ったりしていますが、ここと、駐車場の看板上に住み着いた蜘蛛の巣はそのままにしてあります(^^)。

理由は、いずれ寒くなると居なくなるだろうし、それまでは小さな虫などを捕まえて蜘蛛自身の食料にできるだろうし、蜘蛛は守り神とも。。💡

しばらくはそっと見守っているそうです。

「君たち、一等地に住むことが出来てよかったね!」

だそうですよ♪

この蜘蛛たちを見つけた生徒さんの中に、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』を改めて読んでみたと、私にあらすじを話してくれた方もいらっしゃいました。

私も改めてその短編小説に目を通してみましたが、いろんな角度からいろんな物事について考えさせられました。

「先生、退治しないでくださいね。」と生徒さんが言ってましたが市岡先生も退治する気はないようでした。フムフム。。深い。

蜘蛛の糸。。

蜘蛛さん、いろいろ学びをありがとう(^^)✨

ソロボーカルLesson(アドバンス)

マネージャー坂野です!

先月はベーシックコース(初中級)でのソロボーカルLessonの様子をほんの一部ですが記事にしました。

今回はアドバンスコース(上級)の様子をまたまた一部ですが載せたいと思います♪

現在はアドバンスコースは十数名おられ、全体の1割ほどでしょうか。。スクールもオープンしてまだ半年程ですので、これから上達されアドバンスコースに進級される方がどんどん増えることを想像するのが私の楽しみの一つです✨

。。ということで、ほんの少しですがご報告を。

米津玄師のピースサイン、Aimerのblackbird、Daniel PowterのBad Dayの3曲の中から1曲を選んで歌ってもらいました。

すでに難しそうなのが曲からもわかりますね^^;

ピースサインではあの曲らしい躍動感が伝わってきました!

彼女は飛び入り参加で『マリーゴールド』を。

ついてないと嘆く友人を力強く励ますBad Day。

声の密度?というものを感じました!

blackbirdの曲ではそれをイメージしたパフォーマンスも。歌声以外からも切なさが伝わってきました。ゾクゾク、、、。

おなじくblackbird。イントロから世界が創られていて惹き込まれました。

アドバンスコースの皆さんは歌声が鍛えられた声だった上に更に表現力も加わって世界観がこちらに伝わってきました!

すごいっ✨目指したいですね!

最後に。。

ソロボーカルLessonを終えた全クラス(グループレッスンのみ)で市岡先生の歌も聴けましたヨ♪

誰もが知ってる流行りの曲、瑛人の『香水』。

先生の歌はどうでしたか?

実は私も先生と5年ほどユニットを組んでいた時期があって今回は久しぶりにギター&ハモリで参加させてもらいました。

緊張しました^^;

以上、簡単ですがソロボーカルlesson(アドバンス)の報告でした☆

生徒さんシリーズ~上達した~うれしい♪~

マネージャー坂野です!

市岡先生のレッスンが大好きで高校を卒業したぐらいから3,4年習っているそうです♪

いつもはレッスン時間ギリギリに到着しますがこの日は早めに着いたということで軽く腹ごしらえ^^;

自主練はそんなに真面目に取り組んでいる方ではないけど、レッスンはとてもマジメで楽しく上達も自他ともに認める感じだそうですよ♪お姉ちゃんが「〇〇上手くなった!」と一緒にカラオケなど行くたびに羨ましそうに言うみたいです(^^)

木曜19:40~のグループレッスン。ボイトレの課題の一つ“子音を立てる”の練習を。

♪tu tu tu tu tu tu~

♪ti ti ti ti ti ti~

“子音を立てる”ことは今まで苦手でなかなか身につかなかったらしいですが、この日は先生に「これに関してはグループの中で一番うまく出来てる。」と言われすごく嬉しかったそうです。

ビブラートも出来るようになりたいなぁぁぁ。。。

「1秒間に声を6回揺らすことが出来るようになると、、、」との先生の説明に食い入るように聞いていました。

その後のボイトレにも熱が入っています。

質問したり。。

大事なところはメモしたり。。マジメ(^^)。

自由奔放的な 笑、男女が数名いるクラスですが 笑、どの方も歌に対する情熱を感じるし一生懸命な様子はステキです✨しかもみんな上手!

隣の方がミスると思わず笑いが出ますが、、、

そういうのも受け入れあってるステキなグループです♪

優しいのは表情からもわかりますね!

20代、30代、40代の男女混合グループ。お互いが切磋琢磨しあってどんどん上達していってる勢いを感じました。

これからも頑張って~☆

生徒さんシリーズ~変わり続ける男になる~

マネージャー坂野です!

ボイトレ、ボーカルレッスンを受けるようになって今秋で丸2年になるという彼は、カラオケが好きでめちゃくちゃ行ってたそうです。

『カラオケだけでうまくなってやる!』と当時は息巻いていたそうです。

ですが、やっぱり『高い声がきれいに出せるようになりたい。』という気持ちにそれは追いつかず。。レッスンを受け始め、、。

今ではご自身でも

「変わりました!全然違います!」と自覚されるほど。

「これからも変わり続けたいと思います!」「変わり続ける男です 笑。」

と私に向かって宣言してからレッスン室へ♪カッコイイ✨

市岡先生からも“彼は前と全然違うよ”と聞いていましたが、前は高い声を張り上げてキンキンしてたらしいです。最近しか知らない私は信じられません。逆に聴いてみたい 笑。むしろ聴いてみたい 笑。

変わり続ける宣言はきっと実行されるだろうというのがレッスンの姿勢からも感じられました。

歌う順番決めのいつものジャンケンはちょっと子供ごころを思い出させてくれる瞬間です。いつもチョキを出してしまうクセがあるそうなので何かの時のために? 笑、皆さんも覚えておいてください 笑。

変わり続けるための戦略をねっているところでしょうか。。

火曜21:00~のグループレッスンに通われていらっしゃる皆さん、それぞれがいい感じの個性をお持ちでいい刺激を与えてもらえてるとお互いに尊重しあってるのが私にまで伝わってきます。

歌声についての学びも豊かであることがわかります。

私に写真をやたらと撮られるのでいつもより喉も渇いたみたいでした 笑。

「こんなところまで撮るんですか!? 笑。」

笑って許してくれてありがとうございます♪

課題曲『Every Breath You Take』。難しい箇所や苦手な箇所もあると思いますが張り上げたりもせず心地よくスーッと入ってくる歌声でした♪

レッスンが終わるといつもの笑顔で、、、

「まだ撮るんですか 笑?」

そしてクラスのメンバーと少しの間の談笑。

笑顔のシーンがたくさんあるのはわざわざ狙って撮っているわけではではありません。笑顔が多いのです(^^)。

エレキギターも弾かれるそうですよ。

その姿もいつか見てみたいし、歌声も今のままでも上手で素敵ですが変わり続けたその先も見てみたいです☆

【ボイトレ動画6】ウォーミングアップに最適なメニュー

こんにちは。代表兼講師の市岡です。

最近特にみんなが真剣にレッスンを受けている様子や、自主練している感じが伝わり、僕もとても良い刺激をもらっています!

そこで今回は自主練前や毎日のルーティンにも使えるウォーミングアップメニューをご紹介します。

ボイトレは日常生活で使っていない喉の筋肉を動かす事が目的です。

毎日行うことで、筋肉はどんどん反応しやすくなり、歌声も自由になっていきます。

短時間でも毎日積み重ねていけば必ず良い変化が現れますよ!