BLOG

TAG :ソロボーカルLesson

番外編【はらみ】【南出大史】「ソロボーカルLessonすごく良かった!」

マネージャー坂野です!

今回の【ソロボーカルLesson】で最も飛躍した中のひと組だと言えるでしょう。。☆

【はらみ】

↓↓↓

「to U が歌いたいんですけど相手をどうすれば。。」ということで彼女から相談を受け、受講生の中からチョイスさせてもらって。。3人目で 笑、見事マッチング 笑!

「俺って3人目だったんですね。。^^; 」

。。この2人は、一緒にやることが決定してから2日に1回ほど白スタジオを借りて打ち合わせ&練習を重ねていました。

どちらかが提案したことを「それ、いいね!やってみよう💡」とすぐに試してみているのが、いつもものすごく印象的でした。

本番でもその姿勢は変わらず、南出くんのサウンドチェックの仕方を見て自分たちの出番ですぐもらってやってみたり。

初顔合わせ

少しの時間でも見つけて打ち合わせ打ち合わせ。

その姿勢がそのまま結果にも表れていて、2人の魅力がよく出せていて完成度の高い歌となっていました。

市岡先生からも「個人としてのレベルもかなりUPしているし、ユニットとしてはアドバイスすることがないぐらいになった。」と高い評価をうけていて、本人たちもご満悦でした(^^)。

深く深く突き詰めて、全力を尽くしましたもんね!

二人とも、「2人でやったことが本当に勉強になって良かった!自分では気づけない部分に気づくことがたくさんありました✨」と言っています。

それも上達へ向かうための一つの手かも知れませんね!

「ここで見つめ合うといいね💡」「いいね。やってみよう!」これも練習の成果です。

続いて、【南出大史】

↓↓↓

「Oneボーカルスクールのエース! 石川県の星!! 北陸三県の希望!!! 日本の。。。笑!」

などの紹介にもまったく動じず、むしろ楽しんでいたように感じます。さすが大物 笑。

日々音楽とともに生きていて、身体から離そうにも離せないぐらい染み付いていますね。歌と彼との一体感がハンパなかったです(^^)。

そんな南出くん。めっちゃ謙虚な姿勢なこともいい歌が歌える理由の一つな気がします。

先日の進級テスト後、市岡先生からのアドバイスを受けているところ。

【ソロボーカルLesson】では9クラスに参加しましたが、一人ひとりの歌われる曲のタイトルや自身が感じたことなどノートに書き込んだり、、聴いている間もずっとリズムをとってくれたり、、、皆さん、そんなところも見ていて、認めてくれていましたよ(^_-)☆

南出くんも

「すごく勉強になりました。皆さんの歌が聴けて良かったです!【ソロボーカルLesson】ってこんな良き時間だったとは。。💡(あれ?南出くん初参加だったっけ?)」

「あ~、スクールLIVEも10月ですよね。早く申し込まないと!確か60名限定でしたよね。」

と、先を見ています👀!

日頃からのそのままが表れます。

歌うということはそういうことですね(^_-)

【ソロボーカルLesson】前半①。みんな上手くなっててビックリ!

マネージャー坂野です!

15日(日)から1週間行われている【ソロボーカルLesson】。

前半を終えたところです(^^)♪

生徒の皆さんの熱量がすごくて、そしてそれにともなって歌が洗練されてきていてビックリ!しているところです。

市岡先生からのコメントが一人ひとりに送られるのと、自分以外の生徒さんがすごく注目して聴いているので

「オーディションみたい^^;」

という声があがっています。ハハハ。

写真がたくさん撮れたので、まずは前半の様子を画像で報告します(^_-)☆

【ソロボーカルLesson】を行います!(受講生)

テーマ:人前で歌う経験を積む

日程:5/15(日)、5/16(月)、5/17(火)、5/18(水)、5/19(木)、5/21(土)

●課題曲 or 自由曲

●フルコーラス

選曲方法:スクール内掲示板にてお知らせしています。

選曲締め切り:4/20(水)(※曲名・歌手名・Keyを受付へお知らせください。)

場所:Oneボーカルスクール 黒スタジオ(各自のクラスで行います。)

形態:受講生 + 先生・マネージャー + チャレンジャー2名

計8名の人前でのミニLIVE!!

…………………………………………………………………………………………………

チャレンジャーを募集します!!

各自のクラスのみの参加にとどまらず、

『他のクラスにもチャレンジャーとして歌いに行こう!』

という意欲がある方を募集します!!

※ご希望の方は参加可能なクラスをお知らせしますので、

受付にお申し出ください。

締め切り:4/20(水)

7月にソロボーカルLessonを行います♪

マネージャー坂野です!

コロナの状況、様子を見ながら行うというのは前提のもと、Oneボーカルスクールとしては7月に生徒さんを対象とした 『ソロボーカルLesson』を行う予定です。

前回は4月でしたね。あれから3ヶ月後となります。秋には大きな会場でのステージに立ってほしいと企画も進めており、その前段階とも言えます♪

テーマは前回同様、

“人前で歌う経験を積む”

です!たくさんの方にご受講いただいているので、中には

「将来的にライブに出ようと思っているわけではないし、、。」「個人の上達のために(スクールに)通ってる。」「顔見せしないで動画をUPしているから必要ないかも。」

という方もいらっしゃるかも知れません。ですが、

“人に届く歌” “伝わる歌”とはどういうものであるのか、ほんとうの意味での “表現力”とはどういうものなんだろう?

そういった事にも真摯に向き合える機会となるのではないかと思います。参加してみるときっとわかると思います(^^)。

【グループレッスン】を受講の方は原則として、通常お通いいただいている曜日・時間で行います。

【マンツーマンレッスン】を受講の方は、「参加してみよう!」という有志の方にグループレッスン時間枠に参加していただきます。

※【グループレッスン】は通常として少人数制をとっており、1グループ定員4名で編成されています。【マンツーマンレッスン】受講の方はそこに2名までの参加。合計6名で行うこととしています。

7/15(木) 7/17(土) 7/18(日) 7/20(火)

の4日間です。(時間帯は、サイト内 Lessonページ の TIMESCHEDULE をご参照下さい。)

いままでレッスンで行った課題曲のうち1曲、または 好きな曲 でも可能です。(好きな曲の場合はご自身で練習をし、力を試してみて下さい。)

市岡先生からの感想・評価をもらえると思います。また、めったに聴けない先生の歌も聴けます☆

【グループレッスン受講の方】 6/30(水)までに選曲の上、坂野 までお申し出下さい。

【マンツーマンレッスン受講の方】参加希望の旨をお聞かせ頂き、参加グループレッスン枠を先生と相談の上、6/30(水)までに、坂野 までお申し出ください。

※生徒さん対象の企画なので、詳細はスクール内で(^_-)。

ソロボーカルLessonを終えて。

マネージャー坂野です!

ソローボーカルLesson に参加された皆さんにとって、前回にも増して深い経験となったようです。

以下に皆さんからの感想を抜粋して載せますが、歌って終わりではなくこうやっていろいろ感じたり、次にどう進んでいこうかと考えたり、視野を広げていくことは感性を磨くことにもつながると思うので大事ですね(^^)✨

↓↓↓

・今まで習ったことについての理解が深まった。こうやって、表現するために大事なことをレッスンで教えてもらっていたんだということがよくわかった。

・こんなに注目されて歌うことはないので、緊張はものすごいけどまたやってみたいと思っている。

・これだけ一曲に対して練習を積んだことが今までなかった。必要性を体感した。

・人前で歌うということは、また一段レベルが高くて、練習の7割り程度しか出せなかった。満足いくレベルで歌いたいなら練習は120%やることだと思った。

・つい譜面台に頼ってしまいがち。それを取り除くだけでこんなにも心理的に違ってメンタルも鍛えないといけないな、、、と思った。

・ひとつミスをしたら動揺して引きずってしまい、ミスが続いてしまった。

・堂々としている人の歌を聴いてすごいな、と思った。

・皆さんの歌や、表現力が凄すぎた。

・先生が他の人に対して言うアドバイスが自分のためにもなった。

・他の人の歌を聴いて、自分と同じ時期に始めたとは思えない、と思った。

・周りの人はしっかり練習してソロボーカルLessonに取り組んでいるのがすごく伝わってきた。それに対して自分は準備不足だと思った。

・自分の弱点が浮き彫りになった。まだ声そのものが鍛えられていないことや、例え喉の調子が多少悪くても安定して歌えないといけない。

・一曲を作り込んだのはとても良かった。大事なことだということを実感した。

・色んな人の歌が聴けて単純に楽しかった。

・自分なりに次はこうしてみよう!と小さなチャレンジが出来た。

・今回は、今までレッスンで習ったことを意識して練習して臨んだつもりだったが、緊張してその半分も出せなかった。

・前回より今回は緊張の度合いが少しマシだった。そのあと人前で歌う機会があったがまた少し緊張が減っていたように感じた。やはり場数が大事なのかも。

・レッスンを受け始めて一年。一年前に比べると上手くなっている。だがまだまだだと思う。

・人前で歌うことによって気づくことがあった。今後はどうすれば伝わる歌が歌えるのかを考えていきたい。

・先生に “語尾を意識したほうが良い” と言われていて意識をして練習をしてみているけど、まだうまくいかない。

・歌詞を見ないで歌ってみたら、その方が気持ちが入るということを感じた。

・声帯の閉じ方が少しわかってきたかもしれない。。

・市岡先生の歌を聴けたのが良かった。より先生のことを尊敬し、信頼が深まった。レッスンを受けていて良かったと再認識できた。

・一年経って、歌が前よりすごく好きになった。

・次は、歌詞を見ずにチャレンジしたい。見る側としてもその方が伝わるのを感じた。

・聴く側だった立場が、歌う側になると見ている世界が全く違った。

・勉強になった。今後の自分の課題がはっきりした。前回のソロボーカルLessonでは課題曲だったので今までレッスンで習った曲だったけど、今回は自由曲にチャレンジし自分で一から取り組んでみて、準備や心構えなどが全然違った。

・普段聴けない他の人の歌を聴けて楽しかった。

・〇〇さんや市岡先生の歌声には、声に奥行きや空間が感じられた。

・全員が歌を習っている人たちなので、とても緊張した。

・〇〇さんを見て、服装をふくめ、堂々として歌っている姿がとても参考になった。

・他の人のを聴いていると、歌詞の内容まで伝わってきた。自分はどうなんだろう、、、こんな風に伝えることが出来ているのだろうか、、、と思った。

・イベントなどに出ているという女性がいて、とても上手で凄かった。自分も今後何らかのイベントなどに出てみたいと思った。

・皆さん自由曲でもオリジナルの歌手っぽくならずに、自分なりの表現をしているのがすごいと思った。

・通常のレッスンで習ったことを活かせるように練習をしたつもりだったが、本当に自分が出したいと思ってることは出せなかった。

・失敗しないように、失敗しないように、、、が目標になってしまっていたように感じる。もっとチャレンジしていこうと思った。場数を踏みたい。もっとこういった機会を増やしてもらえたら嬉しい。

・感情に沿ったパフォーマンスというのはプロだけがするものだと思っていたけど、〇〇さんの感情がこもった表現を見たおかげでそうではないのだとわかった。

・今回は2回出させてもらった。2回出たことによって他の人の良いところを吸収出来たように思う。

・歌詞を見ないで歌ったほうが気持ちがこもった歌になったような気がする。

・市岡先生の歌、ステージングが印象に残っている。とても惹き込まれた。表現は自分でやらないといけないんだということがわかった。

・カラオケなどとは違って、ソロボーカルLessonでは皆がガチで聴いてくる。真剣に聞いてくるからその分緊張もする。

・緊張に慣れること、またステージングにも気を配りたい。

などなどでした(^^)。

“歌が上手くなりたい” 生徒さんへ、市岡先生はご自身が持っている知識・技術・感性・経験で得たもの など全てを、ベーシックコース→アドバンスコースの中で提供してくれます。

それを活かすのもそうでないのも皆さん次第ですが、この感想を見ていてもこの先が楽しみですね(^_-)

じっくり力をつけていきましょ~う☆☆

ソロボーカルLesson 番外編 【2021.4】

マネージャー坂野です!

Oneボーカルスクールの生徒さんモデル 笑、【Kくん(写真左)】【Yくん(写真右)】。

企画を皆さんにお届けする際に、その前の段階としていつも良きモデルになってくれてる二人です(^^)。

今回の『ソロボーカルLesson』では、久々のご対面。

「前回のレコーディングの時よりも、パワーアップしてましたね。」

「いえいえ〇〇さんこそ前より上手くなってました!」

お互いに3ヶ月前より進化していることを認め合っていました(^^)。

歌う順番を決めるくじ引き。

こんなに注目された状態で表現するのは二人とも初めてだそうです。

【Yくん】は CHEMISTRY の PIECES OF A DREAM  を、

【Kくん】は EXILE  の Someday を歌ってくれました♪

とても緊張している風には思わせない歌声、そしてステージングでした☆

日頃より積み上げている練習が自身を信じる“自信”につながっているので しょうね(^_-)。

最後に、尊敬する市岡先生の歌を目近で。。

何を感じ、何を思ったのでしょう。。

緊張につつまれた60分でしたが、この緊張感を楽しいと感じられた二人はアーティスト向きですね(^_-)。

最後にロビーにて、、、

ほぼ初対面の皆さん出演者同士が、また次回のチャレンジにに向けて短い間ですが言葉を交わし、それぞれの帰路に就きました\(^o^)/

また数カ月後に。。

次の『ソロボーカルLesson』を期待しています(^_-)☆