BLOG

TAG :ソロボーカルLesson

【ソロボーカルLesson①】更にレベルアップ↑↑

マネージャー坂野です!

今年2度目となる【ソロボーカルLesson】が、7/17(日)~7/25(月)まで行われています。

皆さんの最終目標である、『好きな歌を思いのままに歌えるように』前向きな姿勢で日々のレッスン、自主練に取り組んでいる方たちは、やはりそれに見合った歌唱となってきているのを明らかに感じました✨

「確実に形になってきている。大変嬉しく思う。」と、市岡先生が言われていましたよ!

歌って見えないものですけど、こうやって学んでいくと、形となって自分の力を確認できていきます。そうなるとやる気も倍増ですよね(^_-)☆

【チャレンジャー】の意義。今回は100名中45名も👀!

マネージャー坂野です!

普段から行っている【ボイストレーニング】、【課題曲を利用してのボーカルレッスン】。

みなさん、それぞれの目的のために普段から活用されていることと思いますが、“ちゃんとそれが自分の好きな曲を歌ったときに活かせているのか” を試すひとつの機会として、

【ソロボーカルLesson】が 7/17(日)~7/25(月) の期間行われます。

スクールとして年に2回提供している企画です(^^)。うまく利用していただけると幸いです。 きっと上達へのボーナスポイントとなることでしょう☆

たとえば、※【チャレンジャー】もそのひとつ。

※自分のクラスのみならず、他のクラスでも歌ってみることで更に上達の機会を自分で作る場です。

その、【チャレンジャー】について。裏話になりますが、、、 表に出します 笑!

【ソロボーカルLesson】は月謝内(1回分のレッスン代)で通常レッスンの一環として行っています。

ですが、【チャレンジャー】枠はそれに含まれません!

私たちが無償でご提供している部分 です✨

『歌が上手くなりたい』という気持ちにお応えしたいという気持ちでご提案しています☆

チャレンジするも、しないも、みなさん次第ですが、自分の歌をじっくり聴いてくれる仲間がいる他、市岡先生のアドバイスがその都度もらえる。。💡 普段、自分の歌をじっくり聴いてくれる人なんて、せいぜいお願いして身内ぐらいじゃないですか?? (私は身内でもウザがられますが 笑笑。)

また、音楽活動をしている方は特にその有り難みを身をもって感じているのではないでしょうか。。LIVEをしてもお客さんが数名しかいない、、なんてこともザラで、お店の協力や自分から頑張って集客をしなきゃなんて割と普通ですよね^^;

動画投稿してみても、思ったより聴いてもらえてない、、そんな経験をされている人も少なくないのでは。。?

実際そんなもんです(;_;)

この記事を読んでいるみなさんは、その貴重さをわかっている方だと思いますし、あとで誰かにそういった場を提供してくれることを願っても、『時すでに遅し』とそんな悲しいことにならないためにも!

今、人生のあるひと時をOneボーカルスクールという場に身を置いているなら、その時にしかできないことを充分に使い切りましょう! 私はそう叫びたいです\(^o^)/

前回は 100名中 35名 の【チャレンジャー】がいましたが、今回はさらに上回り 100名中 45名 の方が【チャレンジャー】として参加します(^_-)✨

10名も増えました!!

【チャレンジャー】の意義、Oneボーカルスクールの意図するところを理解してくれる賢い生徒のみなさんに感謝、感謝ですm(_ _)m

まだまだ尻込みしている人も多いですが、もちろん徐々に自分のペースで良いですが(^_-)、ともに目指すところに向かって行きましょう☆

 

【ソロボーカルLesson】行います!(受講生)

テーマ:人前で歌う経験を積む Ⅱ

日程:7/17(日)、7/19(火)、7/20(水)、7/21(木)、7/23(土)、7/25(月)

●課題曲 or 自由曲

●フルコーラス

選曲方法:スクール内掲示板にてお知らせしています。

選曲締め切り:6/20(月)(※曲名・歌手名・Keyを受付へお知らせください。)

場所:Oneボーカルスクール 黒スタジオ(各自のクラスで行います。)

形態:受講生 + 先生・マネージャー + チャレンジャー数名

人前でのミニLIVE!!

…………………………………………………………………………………………………

チャレンジャー参加できます!!

各自のクラスのみの参加にとどまらず、

『他のクラスにも歌いに行こう!』

というチャレンジャーが今回はさらに増えそうです!!

なので、チャレンジャーとして参加できるのは 一人1回 ぐらいになりそうです。(※特例を除く。)

※ご希望の方は参加可能なクラスをお知らせしますので、

受付にお申し出ください。

締め切り:6/20(月)

【ソロボーカルLesson】振り返り。

マネージャー坂野です!

【ソロボーカルLesson】とは。。。

“Oneボーカルスクールが目指している、歌の上達に向かって行っているレッスン” 受講を重ねるとどうなっていくのか。。

日頃のレッスンで積み重ねてきたものが、現段階ではどんな歌として表れされるのか、“自身の歌の進度を確認する場” 

と理解してもらえるといいかな、、と思います💡

“好きな曲を上手く歌えるようになりたい” そんな気持ちで習い始め、日々ボイトレを重ねつつ、課題曲レッスンで地道に技術を身につけている皆さんにとって、【ソロボーカルLesson】はそれを活かす場としては、もってこい! ですね(^_-)。

ここに来て “なるほど。こうやって歌って上達していくんだなぁ。”と実感されてきている方がかなり多くなってきているのを感じます☆

本当にわかるまでには時間がかかるものですよね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

コロナウィルスによって世の中が大きく変わり始めていたので、出来ること出来ないこと、、制限がいろいろありながらも 『何とか少人数でも人前で歌う機会を作りたい』という市岡先生がこの形を考えられました。

今回で4回目。

思えば第一回目は、全員が初めての経験だったし、レッスン歴も短いので、クラスのメンバー4名のみで。譜面台を前に歌詞を見ながら。。現在行っている課題曲を歌う。

という形でした。

皆さんの上達とともに、制限もすこしずつ緩和されていき、やっと本来の目的のスタートを切れた、、そんな感じでしょうか💡

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

毎回、【ソロボーカルLesson】後には私も必ず各クラスのミーティングに参加させてもらい感想を聞かせてもらっていますが、徐々に皆さんが話す内容にも変化が表れてきてるし(もちろんいい意味です。)、こんなすばらしい思考を持ってる方たちだから上達するんだぁ。。。\(^o^)/

と納得です✨

■本格的な、緊張感ただよう雰囲気の中で自分の力を試すことが出来る。練習してうまくいった気持ちになってては駄目で、本番が大事と気付いた。

■自分のクラス以外の【チャレンジャー】の存在がすごくて刺激になる。自分ももっとチャレンジしよう。情熱を持ったカッコいい人がたくさんいてすごい。

■先生からのアドバイスがものすごく貴重でありがたい。

具体的にはそれはもうたくさんの個人名があがったり、専門的な内容ももちろんありましたが、大きくまとめると、こんな感じでした(^_-)☆

「みんな、上手っ👀!」

「自分も早く追いつきたい!」「あんな風に表情や、手の動きができるようになるなんて。カッコいいです✨」

「やっぱり、他の人の歌が聴けるって貴重ですね。自分だけじゃなかなか気づけません ^^;」

「正直、凹みました。。準備不足だった自分が情けない。」

話し言葉にするとこんな声も聞こえてきましたよ(^^)。

同じ時代を生き、同じ目的を持った皆さんがここに集まり、切磋琢磨しあい、認め合い、リスペクトし合い、励まし合い、共感しあい、、、歌でつながっている。

。。。なんて素晴らしいのでしょう☆☆

誇りに思います。

番外編【はらみ】【南出大史】「ソロボーカルLessonすごく良かった!」

マネージャー坂野です!

今回の【ソロボーカルLesson】で最も飛躍した中のひと組だと言えるでしょう。。☆

【はらみ】

↓↓↓

「to U が歌いたいんですけど相手をどうすれば。。」ということで彼女から相談を受け、受講生の中からチョイスさせてもらって。。3人目で 笑、見事マッチング 笑!

「俺って3人目だったんですね。。^^; 」

。。この2人は、一緒にやることが決定してから2日に1回ほど白スタジオを借りて打ち合わせ&練習を重ねていました。

どちらかが提案したことを「それ、いいね!やってみよう💡」とすぐに試してみているのが、いつもものすごく印象的でした。

本番でもその姿勢は変わらず、南出くんのサウンドチェックの仕方を見て自分たちの出番ですぐもらってやってみたり。

初顔合わせ

少しの時間でも見つけて打ち合わせ打ち合わせ。

その姿勢がそのまま結果にも表れていて、2人の魅力がよく出せていて完成度の高い歌となっていました。

市岡先生からも「個人としてのレベルもかなりUPしているし、ユニットとしてはアドバイスすることがないぐらいになった。」と高い評価をうけていて、本人たちもご満悦でした(^^)。

深く深く突き詰めて、全力を尽くしましたもんね!

二人とも、「2人でやったことが本当に勉強になって良かった!自分では気づけない部分に気づくことがたくさんありました✨」と言っています。

それも上達へ向かうための一つの手かも知れませんね!

「ここで見つめ合うといいね💡」「いいね。やってみよう!」これも練習の成果です。

続いて、【南出大史】

↓↓↓

「Oneボーカルスクールのエース! 石川県の星!! 北陸三県の希望!!! 日本の。。。笑!」

などの紹介にもまったく動じず、むしろ楽しんでいたように感じます。さすが大物 笑。

日々音楽とともに生きていて、身体から離そうにも離せないぐらい染み付いていますね。歌と彼との一体感がハンパなかったです(^^)。

そんな南出くん。めっちゃ謙虚な姿勢なこともいい歌が歌える理由の一つな気がします。

先日の進級テスト後、市岡先生からのアドバイスを受けているところ。

【ソロボーカルLesson】では9クラスに参加しましたが、一人ひとりの歌われる曲のタイトルや自身が感じたことなどノートに書き込んだり、、聴いている間もずっとリズムをとってくれたり、、、皆さん、そんなところも見ていて、認めてくれていましたよ(^_-)☆

南出くんも

「すごく勉強になりました。皆さんの歌が聴けて良かったです!【ソロボーカルLesson】ってこんな良き時間だったとは。。💡(あれ?南出くん初参加だったっけ?)」

「あ~、スクールLIVEも10月ですよね。早く申し込まないと!確か60名限定でしたよね。」

と、先を見ています👀!

日頃からのそのままが表れます。

歌うということはそういうことですね(^_-)