BLOG

ビブラートやフォールなど♪

マネージャー坂野です!

憧れの『ビブラート』や『フォール』。。。『ミックスボイス』。

Oneボーカルスクールに体験レッスン来られた時の動機の欄にも、

「ビブラートが出来るようになりたい。」と多くの方が書いておられます(^^)。

具体的なお話をする時にはやっぱり具体例がある方が伝わりますが、

そんな時に生徒さんモデル 笑? になってくれた【Yくん】や【Kくん】

の存在が有り難いですm(_ _)m

これからもチョイチョイ登場お願いしますね 笑。もちろん生徒の皆さんの為に、、、☆

下の写真は【Yくん】がベーシックコース課題曲 全12曲 のうち まだ3曲めの『やさしさに包まれたなら』の課題がなかなか上手くできなくて苦戦している場面。

いまから8ヶ月前。。。

毎日のボイトレで声を鍛え、ひとつひとつの課題をクリアしていき、、、彼の努力の賜物にほかなりませんが✨先日はその成果としてレコーディングした曲 『Don’t Look Back In Anger』をこのブログでも聴かせてくれました♪

彼はあれからももちろん進化しています!(【Kくん】の方も『Yくんを意識して頑張っています!』と言って進化してます(^_-))

現在は9曲目『Yesterday Once More』

を終えるところで、先日レッスンにお邪魔させてもらいました♪

この歌はビブラートがふんだんに使われているそうで、それが新しい課題の一つということです。(※課題自体は今までやってきたこと全てです。)

【Yくん】、『Don’t Look Back In Anger』の時より心地よいビブラートに進化していました!

この日は、先生に「伸ばしたり、揺らしたり自由にコントロール出来るようになるといいね。」と筋肉的な説明や、発声の際のイメージなど様々なアプローチを受けており、

「なるほど、こんな感じですか?」「んー、なんか違う。こんな感じですか?」

とやってみるけど、その場ではまだ思うようにいかず(自分でも出来ているのかいないのか実感がない感じ)、アドバイスも含めしっかり録音しているので「また持ち帰って練習してみます。」

と終了しました。

硬さや柔らかさ、揺らす速さ、伸ばしたりビブラートをかけたいところでかけたり、、、まだまだテクニックを磨ける伸びしろがたくさんあるようです。

そして彼はそれも楽しめる(成長していく段階を楽しめる)のでまさにレッスンに乗っている印象を受けました。

先生のレッスンで繰り返し繰り返し行っている様々な『子音』は、感覚が身についているようで、どの曲を歌ってもいい感じに『ノリ』がでていました♪

短期間(まだ1年弱)でこんなに上達してすごいなぁ。

皆もきっとこうなっていくんだろうな。。楽しみでしかないなぁ。

あ~私も最初から市岡先生のレッスンを受けたかったなぁ~。。。

いろんな感情が起きました☆

小さな積み重ねをいかに大事にできるかにかかっていますね(^^)。

市岡先生の『もと』。

マネージャー坂野です!

どの漢字がふさわしいのか迷いました。

『もと』‥‥基:物事の基礎、根本、根拠、土台

      下:下の方(所)、規則や支配の及ぶ所

      元:以前、むかし、物事の始め、根本

      本:物事の起こり、根本、基本、原因、原料

      素:原料、材料、根本になるもの

作家さんだったら、こういう時どうやって言葉を選んでいるんでしょう^^;

市岡先生は忙しくしていることもあり、皆さんとレッスン以外でそんなにいろいろお話する機会が少ないと思います。

なので、先生の様子で気づいたことなんかがあれば、書ける時にここで書いたりしますので垣間見てください 笑。

市岡先生は読書もルーティン化しているようです。

まとまって読める時間はあまりないそうですが、寝る前に数分でも目を通しているらしいです。

漫画『キングダム』は最高に面白い!

だそうですが、その次ぐらいに野村克也さんの本はほとんど読んでいて、それについては私も共感する部分が多いので話がふくらみます(^^)

なるほど、市岡先生の『もと』が少しわかった気がしますね(^^)。

生徒さんシリーズ~小気味いいフェイク♪~

マネージャー坂野です!

『俺たち高1。はじめまして(^^)。』

のブログで以前にチラリとご紹介した男子高校生(右の彼)。

小学生の頃から音楽イベントに出場したりする中で市岡先生のレッスンを受けていたそうですが、最近本格的にやりたいということでOneボーカルスクールに継続して通うことになりました♪

高1 3名、中1 1名 、のグループレッスン。

各々に良い刺激を受けあっているのがわかります。

同じクラスの女子が

「男ヤバい!男2人ともヤバい!女より高い声でヤバい!」

と言ってました 笑。

レッスンの空気感もヤバかったです 笑。

先生が説明を始めると、反射的に身体が動いていました。それが自然に身についている、といった感じでした。

そういえば、初めてレッスンに来た時に市岡先生は

“センスがある子だな”と感じたそうです。

地声のボイトレで、喉仏の位置と声の音色をチェック。

他の生徒さんの番には常にリズムをとっていたり。

歌はブラックミュージック?を聴いているようなグルーブ感があって、ところどころに小気味いいフェイクが散りばめられていました♪

更にボイトレで鍛えていった先が楽しみです☆

お隣の中1女子が譜面台の調節に困っていると、自然に手伝ってあげているのもお兄ちゃんみたくて素敵でした。優し~い♪

ジャンケンにもいつも勝つのは何ででしょう??

歌い始めると真剣で『一曲入魂』。

現在もいくつかバンドを組んでおり、精力的にライブ活動をしているそうです。

いつもロビーでも今日あった話や、これからの話、学校の話や、歌の話、いろいろ聞かせてくれるし、メンバーにもいつも笑顔で接しています。

今日もこの後、バンド練習があるそうです。頑張って~♪

カラッとしていて清々しい風のような雰囲気を持つ高1彼の紹介でした!

古い歌から新しい歌までジャンル問わずよく知っているし歌えるので、皆さんも会うことがあったら是非話しかけてみてください(^^)☆

貢ぎもの(^^)

マネージャー坂野です!

「皆さんが『貢ぎもの』をしたくなる理由がわかりました💡」

とそんな表現のしかたで、写真NGの(※丁重にお断りします と逃げられました 笑。)女性の生徒さんが気持ちを伝えてくれました。

たまに、生徒さんからおやつなど (^^) の差し入れをいただくことがありますが、それについてのお話でした。


例えにしやすかったので代表で 笑、ここに記事にさせていただきましたが、

生徒の皆さんから私たちもいつも素敵な、形あるもの、形にできない価値あるもの、を受け取っています。言葉では表現が難しいです。。。

お一人お一人から、、例外なくです。

『貢ぎもの』

表面では見えないその背景にあるものでメチャクチャ幸せな気持ちになります!

Oneボーカルスクールにはここにもそこにもいろんな形の『貢ぎもの』が散りばめられてます♪

いつもありがとうございます。


もちろん お返ししたい 色んな場面でそんな気持ちになっています☆

【追加募集を締め切りました】本格レコーディング体験(※Oneボーカルスクール生徒さん限定企画)

昨日 2/1 に追加募集いたしました

『もっと上手くなりたい!』を叶える 本格レコーディング体験(Oneボーカルスクール生徒さん限定企画)

について、8名の希望者を募りましたが、こちらも全て予約が埋まりました。

日頃よりブログに関心をもってご覧いただき、感謝しておりますm(_ _)m

良いレコーディング体験となるよう関係者全員で進めてまいります。

【追加募集】本格レコーディング体験(※Oneボーカルスクール生徒さん限定企画)

おかげさまで、この企画は

2/21(日)、3/14(日)の両日ともあっという間に予約が埋まってしまいましたが、まだまだ

“やってみたい!”と申し出が多数ありましたので、

その熱意にお応えします。

【追加募集】『もっと上手くなりたい!』を叶える 本格レコーディング体験(※Oneボーカルスクール生徒さん限定企画)

として、8名 の希望者を募ります!

3/21(日)①14:00 ②15:00 ③16:00 ④17:00 

     ⑤18:00 ⑥19:00 ⑦20:00 ⑧21:00

先着順の受付となります。もう追加はありませんm(_ _)m。

ご希望の生徒さんは、Oneボーカルスクールまで。

お電話またはメールでのご予約をおすすめします。(曲はゆっくり決めてください(^^))

※コロナウイルスについては状況を見ながら対応をしていきたいと思います。

歌に論理は必要ない!?

代表兼講師の市岡です。

先日、ある20代の生徒さんがこう言っておられました。

「自分は感覚で歌うタイプなので。(ここでのレッスンに意味を見いだせない)」

プロも言いそうな何となくかっこいい言葉ですね。

“感覚で歌う”というのは

“思ったように歌う(歌える)”ということだと思います。

対して、

“論理的に歌う”というのは

“この世界観を伝える為にはどこにどういう表現をするか、そのために使うテクニックはどれをチョイスしようか、などを考え、組み立てて歌う(歌える)”ということだと思います。

そしてこの2つは相反するものではなく、共存するものだと僕は思っています。

プロが言う、“感覚で歌う”とは、

まずは様々な技術を学び、反復することによって習得しつつ、それをどう歌に活かしていくのかを論理的に考え、組み立て、更に歌いこんでいった結果として到達したものです。

その努力の積み重ねを飛ばして、“感覚で歌うタイプなので。”というのは、ヘタをすると“適当に歌う”ということで、勘違いしたまま自己満足で終わってしまいます。

残念ながら、その生徒さんには伝わらないまま退会されましたが、

“論理”があるから“感覚”もより磨かれていくのです。

僕はそのポリシーのもと、

一人一人が元々もっている素晴らしい“感覚(感性)”が更に磨かれ、歌に活かされるよう、

特に技術の部分をサポートし、出来る限り論理的なレッスンとなるように心がけています。

Oneの先生になりたい!by京都

マネージャー坂野です!

先日、

“Oneボーカルスクールのボイストレーナーになりたいです”

という熱意あるお問い合わせをいただきました(^^)☆

現在は京都にお住まいということですが、数年かかるかも知れないけど石川に引っ越してでも市岡先生のレッスンを受け、ボイストレーナーを目指したいということでした。(一度スクールにも直接来られお話しましたよ。)

関西の方でもいろいろスクールを探してみたそうですが、Oneボーカルスクールのブログを読んでいくうちに市岡先生のレッスン、人柄をはじめ、素敵な生徒さんが沢山いらっしゃること、生徒さんとの信頼関係などを感じとってくださり、ぜひこちらで学びたいという気持ちが強くなったそうです。

そういった情熱を応援するのがOneボーカルスクールなので、大歓迎です♪

私たちのスクールのことがちゃんと伝わっていること、理解していただいていることがまずは嬉しく思います。

引っ越しが可能となるまでに、ご自身で出来ることをもう既に始めているそうです。

希望を持って、それを現実にしていけたら素敵です!

今の段階ではこれぐらいしか言えませんが、またこの先のプロセスもここでお知らせできることを私たちも願っています☆✨

生徒さんシリーズ~上級なのに!敢えてのベーシックコース受講~

マネージャー坂野です!

100人100色!

本当に色んな生徒さんがいらっしゃってカラーバリエーション豊富なOneボーカルスクールです 笑。

今日ご紹介する彼は、市岡先生がヤマハ講師時代からの生徒さんで、もうかれこれ10年近くボイトレ・ボーカルレッスンを続けていらっしゃいます✨

なので、レベル的には【アドバンスコース(上級)】なのですが、基礎が何より大事とのお考えで、現在火曜21:00からの【ベーシックコース】グループレッスンを受講されています♪

器が広くて大きいと私からの 笑、定評がありますが、この【ベーシックコース】をもう一度、、というところにも溢れ出ていますね♪

この表情からもわかります。

現在の課題曲は6曲目『I REALLY LIKE YOU』。

“L”と“R”の発音を意識して歌うのが課題の一つで、歌にノリを出すために必須の課題です。

発音の仕方について、自分の納得のいくイメージの仕方を先生に質問しながら探っていました。

一人ずつボイトレでチェック。

上級レベルでも上手くいかないことがあるようです。。

こういう姿勢こそ見習いたいですね^^;

ボイトレ→フィードバック と繰り返しながらも、お隣さんにペットボトルのキャップを開けてあげる心遣いにもやられますね!

先生が、

「“私は感覚で歌う派なんで、、”と言って論理的なレッスンを嫌う人も今までいましたが、、、。」

とボイトレに対するご自身の考えをお話されると心を傾け、傾聴されている様子も印象的でした。

歌はもちろん安定の歌唱力。彼の個性も合わさって、とても素敵でした♪

「LとRがなぁ~~~。」

「料理とかもそうですよね。なんでも感覚だけで上手くいくものはないですよね。」

ご自身のこれまでで色んな事を経験されているから、物事の本質をわかっておられるのでしょうね☆

頭が下がります。

突然の『生徒さんシリーズ』の依頼に、

「髪もひげもボサボサだけどいいんすか?」

と言いながらそれでも快く応じてくれ、

「〇〇さん、めっちゃピッカピカでしたよ!全然ボサボサなんかじゃなかったです。ピッカピカ!」

といういつもの私の感じに、

「ピッカピカ って、照明があんなにチョクにあたってれば、そりゃピッカピカになりますよ 笑!」

と受け入れてくれました 笑笑(^^)☆