BLOG

TAG :レコーディング

レコーディング特集【Kくん編①】

マネージャー坂野です!

Oneボーカルスクールには現在100名を超える受講生の方がいらっしゃいます。

その中から今回も、

① 4月のスクールOPEN時よりベーシックコースを受講され、

② 毎日ボイトレを欠かすことなく行い、

③ 課題を着実に身につけて力をつけている生徒さん

ということで男性2名にご協力を頂き、現在の歌声をレコーディングの体験とともに記録してみようという企画をいたしました!

すでにレコーディングは12/18(金)に終えました。

後日歌声をUPしますので乞うご期待♪

【Kくん】は来年の春から大学院生。

現在は研究室に閉じこもり、、、忙しい毎日を送っています。ですが【Yくん】同様、忙しいことを言い訳にはしません。時間はなかなか取れなくても、ボイトレや歌うことは全くやらない日はないそうです。

毎回のレッスン後、家に帰ってから、忘れないうちに先生から教わったことをノートに書き起こしていて、アパート暮らしでは大きい声はあまり出せないけど、お風呂で小さい声でもできる自主練をしたり、車で移動中に声を出したり工夫をしているそうですよ。

彼の強みは “素直さ” だと市岡先生も言っておられます。聡明な人は素直さも持ち合わせていますね。それ故にいろんな事を吸収するのも早いのでしょう。

課題曲への取り組み方も【Yくん】と共通する部分が多々あります。小さな壁を乗り越える面白さをこれまでの自身の経験の中でわかっているのだろうと思います。

ミュージッククリエイター 舟崎康介 さんからの提案や指示もしっかり受け止め積極的にレコーディングに取り組んでいました。

舟崎さんもプロの厳しい目で。

“素直さ”を持ち合わせている人は何枚ものアドバイスも貰いやすいから更に学べますね☆

【Kくん】は、

・本格的なレコーディングで汗をいっぱいかいた!

・めっちゃ緊張したけど絶対やってよかった!

・機会があればまたやってみたい!

・リベンジしたい!

・お礼を言いたい!

ざっくり言うとこんな感想でした♪【Kくん】の歌声も音源が届き次第、UPしますよ♪

お楽しみに(^_-)☆✨

レコーディング特集【Yくん編①】

マネージャー坂野です!

Oneボーカルスクールには現在100名を超える受講生の方がいらっしゃいます。

その中から今回は、

① 4月のスクールOPEN時よりベーシックコースを受講され、

 毎日ボイトレを欠かすことなく行い、

 課題を着実に身につけて力をつけている生徒さん

ということで男性2名にご協力を頂き、現在の歌声をレコーディングの体験とともに記録してみようという企画をいたしました!

すでにレコーディングは12/18(金)に終えました。

後日歌声をUPしますので乞うご期待♪

写真の【Yくん】は金沢には転勤で来られています。交通の便が良くないため、晴れていれば自転車で30分ほど、雨天時にはバス&電車を乗り継いで待ち時間や徒歩も含め片道1時間かけて通ってくれています。

レッスンに対する思いは熱く、仕事で県外に泊まり込みの時にやむを得ず欠席との連絡を受けていたのですが、前日に

「仕事をなんとかしたので今からでも出席に変更間に合いますか?」

と電話がかかってきたほど^^;レッスン後、すぐまた県外へとんぼ返り。。。それほどの熱意です。

レコーディング当日も例外ではありません。

そんな彼はもちろん毎日の自主練は欠かさないし、市岡先生も

「レッスンで難しいと感じたことも次のレッスン時には出来るようになってる。相当練習しているのがわかる。」

と、彼を高く評価しています。

【歌声と意識の変化】でも

・歌声は全然変わった。全然違う。

・歌えなかった曲が原曲Keyで歌える。

・音域が拡がった。

・地声と裏声がつながった。→裏返らなくなってきた。

・表現力もUPした。

と自己分析しておられます。

そんな彼のレコーディング音源を後にこのblogで聴けるようにします!(先にちょっとだけ、小窓から覗いて撮ったレコーディング風景を御覧ください♪)

ミュージッククリエイターの 舟崎康介 さん。(市岡先生の元同僚でもあります。)

プロの方に導いてもらってのレコーディングを体験出来た二人は幸せですね。

舟崎さんについてはまた後日あらためてご紹介しますね☆

色んな意味でハードルが高く、スキル、環境、金銭面などプロじゃないとなかなか経験できないレコーディング。

Oneボーカルスクールはそれも可能な環境にあります(^_-)☆

そして皆さんの “歌がうまくなりたい情熱を応援する” ため、市岡先生は休日返上で励んでおられます。

さて、次回はもうひとりの挑戦者、【Kくん】の紹介をします♪(年末には二人の歌声をUPする予定です。)